私は、こどものかおのスタンプマイスターです。
スタンプアドバイザーになって、間もなく、東京で教えていらっしゃる山岡清美先生が大阪に来て教えていただけるとのことで、参加したATCカードを作成する講習で作ったものです。
デザインも、山岡先生です。
もう3年くらい前のものかなぁ 

スクラップブッキングは、サクラクレパスのメモラビリアートインストラクター資格を取得しておりましたのでDTPやエンボスなどは御手の物。
でも、ATCの小さな面積の中に、バランスよく配置して、いろんな小技を使って作る作品は新鮮で楽しかったのを覚えています。

ATC_0000
スタンプは、こどものかおのものを使用。
バックグラウンドの英字、Merry Christmasの文字、鳥の3種を使用。

エンボス加工すれば、色塗りを水性のものを使用しても大丈夫。
エンボス加工をせずに、色塗りする場合、コピックなどのアルコールマーカーを使用するなら、スタンプインクは水性のものを使用。
水性マーカーや、水彩色鉛筆を水筆で塗るなどする場合は、スタンプインクは油性を使用して塗ります。

細かい柄は、水性なら、ツキネコのメメントがきれいに押せます。
油性なら、バーサファインが向いています。
普通の紙に押す場合、ですけどね。
スクラップブッキングでは、色目が優しいバーサマジックを使用することが多いのです。
ATCだと、写真がないので、色目を気にせず、スタンプの柄に合わせてインクを選べます。
名刺代わりに・・・ってほど、たくさん作ったこともありませんが、ハガキより小さい世界を飾るのも楽しいですよね。 


 
人気ブログランキングへ