しあわせ猫のかぎしっぽ

スクラップブッキングやスタンプ、プラバン、レジンなどクラフト三昧の日々を綴ります

タグ:羊毛フェルト

羊毛フェルトの先生が、産休に入られるので、それまでに完成できるものをと作っていた「猫の顔」。
もうちょいだったのに、時間内に仕上がらず、家で仕上げました。
先生には見せられなかったので、どこをどうしていいのか、分かってないけど、とりあえず完成

制作過程も少しだけお見せします。
なっちゅ_アイライン入れ

耳もないし、柄も入り始めで、アンパンマンのようですが、アイラインを刺し始めてます。
なっちゅ_アイライン完成

アイラインの刺し終わり。
それと鼻の穴を刺しました。
ここで昼休みが終わり、一気に忙しく写真なし

なっちゅ完成なっちゅ本人写真
耳を付けて、刺した毛を引き出す針でちくちく。
モワモワになった顔をカットして、整えたら出来上がりです。
向かって左目をもうちょいパッチリ開けるように刺してから、写真撮ればよかった
モデル本人も並べてみました。

写真の加減で、色が違って見えますが(黒目部分も丸いしね)、まぁ、そこは本人見ながらでなかったので、許してください。
すっごく上手いわけでもなく、見れないほど下手でもない作品ですが、猫第1作目としては、こんなもんではないでしょうかね
さぁ、手が忘れないうちに、次作ろう




人気ブログランキング

羊毛フェルトの先生が、今月の20日より産休に入られるため、とりあえず、
短時間で完成できそうなものをと思い、猫の顔を小さいサイズで作っています。
まずは、「羊毛わたわた」と言う土台用のフェルトで、半球を作ります。
写真を見ながら、顔を横2分割、縦3分割で線を入れます。
羊毛猫の顔_過程1
ちょっと怖い(笑)
横のラインが、ちょうど目の下あたりの鼻の高さが出る辺りに。
縦のラインの左右と、横ラインが交わる辺りが目に。
頬の膨らむとこは縦左右ラインからはみ出さずにと考えながら羊毛を盛っていきます。
羊毛猫の顔_過程2
目の玉を貼る部分は、ニードルでしっかり平らにし、ボンドで目を貼ります。
びっくりお目目ですが、これからまぶたを付けます。
向かって左の目の、目頭から目尻まで、赤の点々で囲った部分にまぶたを刺します。
ピンクの●部分は、猫の頬の凹む部分になります。
羊毛猫の顔_過程3
下まぶたが付きました。
下まぶたは、目のふちぎりぎりで付けます。
上まぶたは、黒目が少し隠れるように付けますが、下まぶたと同じ位置くらいまで被せます。

書いてる紫のマーカーラインは、時間が経つと消えてしまうものです。
目はガラス玉の10mmを使っています。

まだまだ、怖い顔ですが、これから可愛くなるんでしょうか
くっつけていませんが、まぶたと耳は作りましたので、教室最終日の19日に仕上げたいと思います。
仕上がるかなぁ





人気ブログランキング

私が習っている羊毛フェルトの展示会が開催されています。
資格とか、そういうものもなく、ただただ楽しんでいます。
その教室の生徒さんの発表会的な展示会です。
入場は無料ですので、皆さんの力作を見てきてください。
あ、私ですか?
去年の展示会で、「来年は、販売品も含め、頑張って作るわ~」と言ってたのに、
作品らしい作品がなく今年も断念
スクラップブッキングをする時間、羊毛をする時間、パソコンで遊ぶ時間、など、1日30時間くらいあったらいいのにと思います
家事と、仕事の時間は短い方がいいけど
photo
photo_2
フライヤーに使われた先生の作品も展示してあります。

羊毛フェルト展_1

生徒さんの作品ですが、このハシビロコウ君、すごく大きいんです。
くちばしもリアルです。
羊毛フェルト展_4

ワンちゃんの鼻や、歯、舌も自分で作っています。
羊毛フェルト展_3

オッドアイの猫ちゃんは、お腹がすごく感じが出ていて、もふもふしたくなります。
作品では後ろにもう1匹立ってる猫ちゃんがいるんですが、そっちもかわいかった。
羊毛フェルト展_2

見に行っていただきたいので、もったいぶった写真になってます
他にも、ヒョウやカエル、カバなどもリアルに表現されていました。
写真では、伝わらない毛並みや全体像を見に行っていただきたいです。

harada wakana羊毛フェルト教室作品展
2017年5月20日〜22日
11時〜18時
入場無料
大阪市北区大淀南1-1-16-2F

羊毛フェルトを習い始めて早1年と少し・・・。
作品の数は増えず、ノロノロ運転です。
リアル羊毛フェルトが習いたくて、始めたのですが、リアルは難しいし制作時間がかかりすぎて集中力が落ちてしまう自分がいます 
見せるには、恥ずかしい作品ですが、羊毛フェルトの課題を1つ。
これは何かと言うのが、恥ずかしい作品でして・・・ 
なんで目を中心に貼り付けてしまったのかと、後悔しきりでした
次の課題をこなさないといけないんですが、まだ、クリスマス作品を作ってます(笑)
資格とかもないので、のんびり自分だけで楽しんでます 

羊毛フェルト
怖いから、しまっといてと旦那に言われた作品です
筋肉見本を作って、顔作って、次の課題は動きのある構図です。
上手く出来ないと、悔しいやら、情けないやら、出来上がった喜びより失敗感が勝ったりして辛い

手が速くなって、すごく上手くなる日なんてのは来るのでしょうか・・・。
頑張らないとね。



 
人気ブログランキング

ずっと欲しいと思ってたのですが、なかなか、踏ん切りがつかず・・・。
羊毛フェルトのがま口を量産するのに、やっぱり欲しい 
そう思い立ち、買っちゃいました、アイロン。

え?洋服用のアイロン持ってないの?と思われた方、大丈夫、持ってますよ(笑)
でも、洋服用のは、大きいし、消費電力が全然違うので、ちまちまと長時間使うなら、
パッチワーク用のアイロンなのです。
消費電力が80Wなので、3時間くらい使っても、20円しない。
(消費電力の計算は、ここ⇒http://testpage.jp/m/tool/denkidai.php 
先がコテのようになってるので、細かい部分もあてれます。

Amazonでポチリました。

羊毛の水フェルトを作った際の毛羽立ちを落ち着かせたりは、もちろんですが、
紙の蝋引きや、エンボスパウダーを溶かしたりするのにも、重宝しそうです
パッチワークには・・・裁縫が壊滅的にできないので、使いません(笑)
 

↑このページのトップヘ