しあわせ猫のかぎしっぽ

スクラップブッキングやスタンプ、プラバン、レジンなどクラフト三昧の日々を綴ります

タグ:羊毛フェルト

ずっと欲しいと思ってたのですが、なかなか、踏ん切りがつかず・・・。
羊毛フェルトのがま口を量産するのに、やっぱり欲しい 
そう思い立ち、買っちゃいました、アイロン。

え?洋服用のアイロン持ってないの?と思われた方、大丈夫、持ってますよ(笑)
でも、洋服用のは、大きいし、消費電力が全然違うので、ちまちまと長時間使うなら、
パッチワーク用のアイロンなのです。
消費電力が80Wなので、3時間くらい使っても、20円しない。
(消費電力の計算は、ここ⇒http://testpage.jp/m/tool/denkidai.php 
先がコテのようになってるので、細かい部分もあてれます。

Amazonでポチリました。

羊毛の水フェルトを作った際の毛羽立ちを落ち着かせたりは、もちろんですが、
紙の蝋引きや、エンボスパウダーを溶かしたりするのにも、重宝しそうです
パッチワークには・・・裁縫が壊滅的にできないので、使いません(笑)
 

今日は、羊毛フェルトの日でした。
講師ではなく、受講です。

昨年のクリスマス前に、3時間くらいでできるだろうと高を括って作り始めたサンタクロース。
結局仕上がらず、年越し 
まぁ、今年のクリスマスには、飾れるからいっか(笑)

先生のお手本を見ながら、チクチクチクチクチクチク・・・。
やっとサンタさんを完成させました。
現在、雪ダルマに取り掛かってます。
でも、1か月に1度しか通ってないから、かなり進みが遅い。

羊毛サンタ
出来上がると、ほっとします。 
多少ぶっさいくでも、達成感と、いとおしさが・・・(笑)
ぼちぼちリアル羊毛フェルトの課題をしないといけないんですけどね。
避けてます 


 
人気ブログランキングへ

昨年のカレンダー講習で作ったものです。
ってことは、今年のカレンダーでした。
あと、4日ほどで終わっちゃいますね。

西宮講習で作ったものですが、リクエストで羊毛フェルトがしたいと言われて考えた作品です。
羊毛フェルトをしたことない人ばかりだったので、手を突いてしまうことがないように、ラップの芯を使い、その中でチクチクしてもらって、鳥さんは、4分の1をカットして形を整えました。
ミカンとか、リンゴとかは、そのままの形を使うようにして、共にマグネットを埋めました。

過去作品_羊毛フェルト
黒板にラブオンで文字を入れて、フェイクリーフを飾って、小さな花束を自分の好みで作ってもらいました。
黒板と台をねじ止めしてあるので、台の下のフックにカレンダーをぶら下げて出来上がりです。
写真にはありませんが、台の上には、何種類からか選んでもらったお家を置いてもらって完成でした。

ラップの芯の中でしてるはずなのに、なぜか手を突いてしまう(笑)
大事には至りませんでしたので、絆創膏を貼って終わりです 

入門の羊毛フェルトを楽しんでもらいました。
マカロンとか、丸いものなら、ラップの芯が使えるので、初心者でも安心です。
って、私も未だに何度も指を突いてしまうので、革手袋必須です。
私自身が、初心者に毛の生えたようなものですので、本来は羊毛フェルトを教えたりはしてません。
でも、リクエストがあれば、なんでもやりますよ~(笑) 


 
人気ブログランキングへ

習い始めて早1年半・・・。
作品らしい作品は、そんなにありません
しかも、リアル羊毛フェルトを習ってるのですが、時間がかかるため、度々違うものに浮気をしてしまいます。
今回は、作りかけだったがま口を完成させて、サンタクロースを作ろうとしたのだけれど時間切れ。
クリスマスに間に合わなかった
あ、サンタはリアルじゃないですよ(笑)

資格があるわけでもなく、好きなものをのんびり作ってるだけですが 楽しいです。
がま口
丸っと大きくなりまして、小銭がどんだけ入るねん!って大きさです。
ポーチ的に使うのがいいかもね(笑)

私は裁縫が壊滅的に苦手なので、外からの縫い目はいいのだけど、中側は無残です
次はもう少し、小ぶりにできるように考えます。
先生の見本通りだと、こんなに大きくないはずだったのですが・・・。
何故でしょう 
今後に期待(笑)

期待すると言う方はポチッとお願いします(笑)

 
人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ