しあわせ猫のかぎしっぽ

スクラップブッキングやスタンプ、プラバン、レジンなどクラフト三昧の日々を綴ります

タグ:画材

画材について、自分で勉強した知識の備忘録的に載せたいと思います。
専門家ではないので、「それ、間違ってるよ!」と気づいた方は教えてください(笑)

第5回は
メディウム類ついて ジェッソ編
です。 

ジェッソって何?
チタニウムホワイトと炭酸カルシウム等の顔料を混ぜた液体(アクリルエマルジョンに混合した液体)
地塗剤(下地剤)として、発色をよくしたりするのに使います。
隠ぺい力が高いので、白色の絵具代わりにもできます。
スクラップブッキングでは、紙がよれるのをなるべく少なくするために薄めず使うことが多いですが、本来は20%程度(商品のよって変わります)の水で薄めて、薄く何度も塗る方向を変えて重ね塗りします。
紙に使うときは、紙の補強として、先にグロスメディウムを倍ほどに薄めて、先に塗ったものにジェッソを塗ると言う方法もありますが、水張りしないと紙がぶよぶよになるので、スクラップブッキングには向いてませんね


色々な種類のジェッソ
メーカーにより、販売されているジェッソの種類や、特徴がちがいます。
書ききれないので、ざっくり紹介しますね。
※写真は、Amazonのページに飛びます。商品説明のページではないです。すみません
ホルベイン社
ホワイトジェッソ・・・粒子の大きさの異なる4種類(S・M・L・LL)があるようです。
メーカーの説明ですと、Sは卵の表面、Mはアクリル絵具の艶消しのようなもので、Lは細かい砂目、LLはざらついた砂目だそうです。
ホルベイン ジェッソ S 微粒子 AM401 330ml
アブソルバン・・・吸水性下地剤
リキテックス社の胡粉ジェッソに近い感じだと思われますが、使ったことがないので分からないです
ホルベイン ジェッソ 吸収性下地材 アブソルバン H703 500ml
パステルジェッソ・・・パステル専用の下地剤で、白色のものはありません。
ホルベイン パステルジェッソ 330ml グリニッシュ

リキテックス社
胡粉ジェッソ・・・貝殻の粉の入ったジェッソ
ジェッソは乾くと耐水性になるため、水彩絵具のにじみなど、表現が難しかったのですが、胡粉ジェッソですと、柔らかな表面に自然なにじみが表現できるようです。
吸水性の下地剤なんだと思います。
リキテックス アクリル絵具 リキテックス 胡粉ジェッソ 硬練り 300ml
クリアジェッソ・・・半透明のざらざらした粗目の地塗り剤。
パステルやコンテ、色鉛筆などの下地に向くようです。
リキテックス アクリル絵具 リキテックス クリアジェッソ 300ml
スーパーヘビージェッソ・・・通常のジェッソより粘度が高い、盛り上げ用下地剤。
モデリングペーストほどは、盛れないようですが、ステンシルシート等を使ってのテクスチャー作成くらいなら、これでも大丈夫だと思います。
Liquitex リキテックス スーパーヘビージェッソ 50ml

他に、ジェッソに色の付いた ブラックジェッソカラージェッソがあります。
メーカーも、クサカベゴールデンなどの画材メーカーから、プリマなどスクラップブッキング用品店で買えるものまで、さまざまです。
粘度(硬さ)の違い、色などの違いもありますので、ご自分の好みのものを見つけてくださいね。 



へ~と思ったら、ポチッとな
 
人気ブログランキング

画材について、自分で勉強した知識の備忘録的に載せたいと思います。
専門家ではないので、「それ、間違ってるよ!」と気づいた方は教えてください(笑)

第4回は
顔料と染料について
です。 
スタンプインクや、プリンターのインク、マーカー、絵具などなど、「書ける」(もしくは描ける)ものは、顔料と染料に分かれます。
顔料や染料も、細かく分類されるのですが、専門知識になるので、ここではざっくりと・・・

顔料(ピグメント/pigment) 着色に用いる粉末で粒子が大きいので、水や油に溶け切らないものをいいます。
用紙の表面にとどまらせる方法で着色しています。
耐光性があり、滲みにくい性質を持ちます。
色を出すのに、煤や、鉱物を使ったりします。

染料(ダイ/Dye) 着色に用いる粒子が小さく、水や油に溶けるものをいいます。
用紙の中に浸透し発色します。
耐光性に劣りますが、透明感があり発色がきれいです。
動物や植物などの天然色素を使うことが多いです。


染料と顔料

これは、水性と油性には関係ありません。
顔料や染料を混ぜ込むもの(媒体)が、油(アルコールや溶剤系)なら油性になり、水なら水性になります。
なので、水性顔料もあれば油性顔料もあり、水性染料もあれば油性染料もあります。

余談ですが、ゴムは油に弱いです。
放置してると長期間の使用で溶けてくるので、油性のスタンプインクを使用したあとは、スタンプをきれいにして収納してくださいね。



へ~っと思ったらポチッとよろしくお願いします

人気ブログランキング

Pebeo(ペベオ)というメーカーの新製品を使っての講習に行ってきました。
画像をブログに載せていいか聞くの忘れたので、作品の画像なしで


スクラップブッキングに使えそうだと思ったのが、マーカー。
「4ARTIST MARKER」太さが4種類あるんです。
これのメタリックカラーが、ぴかぴかでキレイ。
箔を乗せたような感じになります。
乾いてからも混色ができたり、インクをピピッと飛ばしたり、
顔料がいいので不透明で耐光性に優れ、艶もあります。
ポスカみたいに、軸に玉が入っててカチカチ言わせながら振って、ペン先を押してインクを滲ませて使うペンです。
インクを飛ばすのに、白がいいかもしれないなぁと思って、購入手配しました。
まだ、手元になくて、紙へ試したことがないので、試したら画像UPします。



水性のアクリルスプレー「デコスプレー」も使いました。
スプレーは、広範囲に広がるから家の中で紙に使うのは躊躇しますね。
スプレーブース(上記の写真参照)もしくは、段ボールの中で吹き付けるのですが、
それでも粒子は舞うので・・・。
ただ、使ってはいませんが、ジェッソのスプレーもあるので、筆跡を付けたくないとか、
細かいとこまで塗りたい時に使うと便利かもしれません。

とりあえず、買わずに保留(笑)
スプレーは、余ると処分に困るので買い辛いです。



最後に「デコクリーム」要するに不透明アクリル絵具です。
DIYに向くアクリルです。
伸びがよく、マット。
しかも、1度でキレイな仕上がりになり、耐光性に優れています。
Pebeoは、画材メーカーだそうで、顔料が非常にいいのだと聞きました。
DIYに使うようにだと思うのですが、容量が大きいです。
う~ん、小さいサイズが欲しい
 
使用例など、試作したらまたブログに書きます。
とりあえずは、モノの紹介まで。 

今日、ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
そして、申し訳ございませんでした。

私の時間配分の至らなさ、読みの甘さから、作品を仕上げて帰ってもらうことが出来ませんでした。
ほんっとに猛省です。
お金を頂くに値しないぐだぐだ講習になってしまい、申し訳なくて・・・
材料費だけいただく形にさせていただきました。
自分で納得できないものに、お金をいただけません
それでも楽しかったと言っていただき、その優しさに救われました

遅い時間まで残っていただけたお一人様が、完成していただけたのでお写真撮らせていただきました。
2月_かぎしっぽ倶楽部
4個の多肉植物を作っていただき、3個の作品に分けられました
カットボードは、上部にお写真を貼るそうです。
ステキに仕上がってよかった
お時間あったら、色んな形の多肉を作っていただきたかったんですが・・・ 

ここんとこ、講習の度に1人反省会です
来月の子供講習会は、反省会しなくてもいいようにしないと。
こんな私の講習会に参加いただいた皆様、ありがとうございました。

また、私のおバカなトークを聞かされながら、作品作りに来てくださいね 


 
人気ブログランキングへ

メモラビリアートのスキルアップ講習会で、画材を色々使わせてもらって、昨日に試してみたいと思っていたことをしてきました。
黄変したクリアエンボスパウダーに、クレヨンを混ぜる?散らす?とどうなるか?です。
使ったのは、Tim Holtzのディストレスクレヨン。
Amazonでも売ってるけど、高いね(;^_^A
まだ、メモラビリアート大阪教室で販売していましたよ。 

抵抗が少なくて、スルスルというか、ヌルヌル描けます。
なくなるまで、ず~っと描いていたい(笑)

ただ、思ってることをするには柔らかすぎてクレヨン自体を細かく出来ず、塊になって、ジェラートと同じく泡立つ感になり失敗。

次に使ったのは、ファーバーカステルのクレヨン。

適度に硬く、カッターで細かく削ることが出来ました。
熱にも溶けて、なんだかいい感じに・・・。
写真の右側が、クレヨンを使ったものです。
エンボス実験
左側は、水性色鉛筆(水彩色鉛筆)を削って、スタンプ後、エンボスパウダーを掛ける前にのせています。
なので、すでに色鉛筆の芯を削ったものが、のっている部分にはエンボスパウダーがのらず、
ちょっとざらついた感じになっています。
こちらも、そんなに大量には色をのせれませんが、面白いと思います。
クレヨンの方は、一緒に溶けて、艶も出てるので、これはこれで(・∀・)イイ!!
色味が入ると黄変もそれほど、気にならなかったです。

FABER-CASTELL_クレヨン
使い心地が固くて好きじゃなかったけど、ちょっと欲しくなってしまいました。
もう、これ以上、画材増やしたら行けないんだけどねぇ・・・。
断捨離・・・とても縁遠い言葉です(笑)





人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ