第9回 Outlookで時間指定メールを送る

メールを送受信するソフトを「メーラー」と言います。
メーラーの種類はたくさんあって、例えば、Windows Liveメール、Thunderbird、Opera、Outlookなどです。
GmailやYahooメールもメーラーです。

見た目や機能がそれぞれ違い、自分に合ったものを使うといいと思います。
私の場合、めんどくさいので、Microsoft office(Wordや、Excelなど、オフィスソフトの集合体のこと)に入ってるOutlookを使っています

なので、今回はOutlookで説明です。
他のメーラーでも、似た機能はあると思いますが、各々違うので自分の使ってるメーラーに機能はあるの?と思われた方は、個別にメッセージ等でご連絡ください。
調べられる範囲で調べます

時間指定メールを送信する前に、下準備が必要です。
まず、「ファイル」のタブをクリックし「オプション」「詳細設定」をクリックしてください。
ちょっと下へ行ってもらうと、「送受信」とありますので、「接続したら直ちに送信する」にチェックを入れておいてください。
時間指定メール
右の方に「送受信(D)...」とあるので、そちらをクリックして開いてください。
真ん中より下あたりに「次の時間ごとに自動的に送受信を実行する」と書いてあるところがあるので、チェックを入れ、その右隣の時間をお好きなタイミングに変更してください。

例えば、5分ごとに設定していた場合、21時1分に送信予約をした場合、5分ごとにしか送受信をしないので、21時5分に送信することになります。
また、パソコンの時計も合わせておいてくださいね。
時間指定メール2
上記の設定は、1度行えば、次からは必要ありません。



では、メールを書き終えたら「オプション」のタブから、「配信タイミング」を選んでクリックすると、図の画面になります。
「配信オプション」の「指定日時以降に配信」にチェックが入っていることを確かめて、日時を変更します。
全て終えたら、下の「閉じる」で、開いていた画面を閉じ、送信していただいて予約完了です。
メールが「送信トレイ」に入ってるか確認してください。
時間指定メール
これで予約は終了です。
が、やってはいけないことが2点。
Outlook自体を閉じてしまうことと、パソコンの電源を落とすこと。
これやっちゃうと、絶対に届きませ~ん

今回は、長かったですね。
お疲れさまでした