しあわせ猫のかぎしっぽ

スクラップブッキングやスタンプ、プラバン、レジンなどクラフト三昧の日々を綴ります

タグ:アクリル絵の具

第3回で記載のアクリル絵の具の黒についての補足です。
アイボリーブラック、ランプブラック、ジェットブラック、マースブラックについて書きましたが、
メーカーにより
オニキスブラック
カーボンブラック
オペイクブラック
ボーンブラック
があるようです。

名前から想像すると、カーボンは炭素で、オペイクはオペイクの意味から不透明で光沢がない?ボーンは、骨炭という動物の骨から作った炭を使っているのかな?
ただ、目の前の箱(PC)で調べても成分や色味が出てこなかったので、正確な情報がありません。
知っている方、いらっしゃいましたら教えてください

リキテックスでは、漆黒はマースブラックだそうです。
フタロシアニンブルーを混ぜると、より深みのある黒になるそうです。

ターレンスでは、漆黒はジェットブラックみたいです。

ほんとに、黒って奥深い・・・。
ちなみに、水彩絵具では、黒は使わず、混色で作るようですね。
塗り絵も流行ってるし、水彩絵具で挑戦してみては?


へ~っと思ったらポチッとよろしくお願いします

人気ブログランキングへ

画材について、自分で勉強した知識の備忘録的に載せたいと思います。
専門家ではないので、「それ、間違ってるよ!」と気づいた方は教えてください(笑)

第3回は
アクリル絵の具の黒について
です。 
黒はメーカーや種類で色が違います。
また、同じ色名でも、油絵具や水彩絵具とは顔料が違う場合もあるので、
ここに記載のものが全て正しいとは言えません。
その点は、ご了承ください。
黒絵具

アイボリーブラックは、顔料:カーボン黒、いわゆる炭素が成分です。
漆黒度は低く、暖色系、少し赤みを帯びています。

ランプブラックは、顔料は煤(すす)、石油の炭化品なので、こちらも炭素が成分です。
漆黒度は普通で、色相は中間調です。
混色には、ランプブラックが向いています。

ジェットブラックは、アニリン黒、有機顔料が成分です。
漆黒度は、非常に高く、寒色系、少し青みを帯びています。
混色には、向きません。

マースブラックは、鉄黒で成分は酸化鉄です。
漆黒度はかなり低く、紫味があります。

真っ黒で塗りつぶすには、ジェットブラックがいいと思いますが、
ブラックジェッソも適しています。
ただし、アクリル絵具より粒子が大きくなるので、艶がありません。

油絵具や、水彩絵具には、ピーチブラックとかもあります。
白よりたくさんあって、ややこしく感じますが、「単独で使うとき」や「混色するとき」に適した色くらいは、覚えておくといいのはないでしょうか?



へ~っと思ったらポチッとよろしくお願いします

人気ブログランキングへ

画材について、自分で勉強した知識の備忘録的に載せたいと思います。
専門家ではないので、「それ、間違ってるよ!」と気づいた方は教えてください(笑)

第2回は
アクリル絵の具の「チタニウムホワイト」「ジンクホワイト」はどう違うの?
です。 
3dd239e153ab490337e2b24621685d45_s

チタニウムホワイトは、不透明度が高く、下地の色を隠すのに優れています。
ハイライトを入れる時に使うほか、下地に使う場合もあります。

ジンクホワイトは、チタニウムホワイトに比べ、下地の色を隠す力が弱いです。
なので、下地として使用することはできません。
ピンクなど、優しい色合いの混色を行うときに向いているとサクラクレパスの方に聞きました。
自分では試して見てませんが・・・

油絵具など、絵の具の種類が変わるとホワイトも変わります。
青みが強いもの、黄色味が強いもの。
有毒性や溶剤の関係でアクリル絵の具には、この2種だけだと記憶しています。
知識がなくても、白は白ですが、意識して使ってみるのもいいのではないでしょうか?


へ~っと思ったらポチッとよろしくお願いします

人気ブログランキングへ

画材について、自分で勉強した知識の備忘録的に載せたいと思います。
専門家ではないので、「それ、間違ってるよ!」と気づいた方は教えてください(笑)

第1回は
ボトルに入ったトールペイントのアクリル絵の具と、チューブに入ったアクリル絵の具とは、どう違うの?
です。 
002183

色数の違いはあれど、基本的には同じものです。
トールペイント用の方が練りがやわらかいのですが、これは、トールペイントは基本的に木に描くことが多いためで、水分を過剰に使用すると木が反ってしまうため、薄めずに使用で出来るようになっているのです。
スクラップブッキングも、紙が必要以上にふやけてよれたりして欲しくないですよね。
チューブだと、絵の具と水の割合が 難しいですから、トールのものを使うと便利です。
ただ、表現の仕方で薄めたい時もあるので、すべてが当てはまるわけではないですが・・・。 

乾燥が早いので混色する場合は、多めに作って、密封ボトルに保管するとベストです。
昔は、カメラのフィルムケースに保管してたんですけど、今は、釣り道具屋さんのワームケース(疑似餌が臭い汁に浸ってるの(笑)を保管するケース)とか、ホームセンターの塗装コーナーあたりにあるボトルに入れるのがいいと思います。
メモラビリアートでも、絵の具保管ボトル売ってますよ♪


へ~っと思ったらポチッとよろしくお願いします
 
人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ