しあわせ猫のかぎしっぽ

スクラップブッキングやスタンプ、プラバン、レジンなどクラフト三昧の日々を綴ります

カテゴリ: スタンプ

お待たせしました。
サンプルも何もありませんが、スタンプ講習会2の開催日が決定しましたので、お知らせいたします。

5月11日(木)10:00~12:00
メモラビリアート大阪教室
講習費:2000円
内容:色々なエンボスパウダーを試していただきます。
逆エンボスや、お祭りでも紹介しましたエンボスパウダーを使った布の花を作ったり、蝋引きもしてみようかと思っています。
基本的には、メモラビリアート主催で行ったスタンプ講習会よりも、技法や個別サンプル作成に近いと思います。
時間があれば、タグ装飾をしていただいたりしたいのですが、諸事情により、ちょっと脱線してメディウムを使って何かするかもしれません。
サンプル作ってないから、上手くいくか試してから、するしないを決定します 

先着5名さまに、カラーエンボスパウダーをプレゼントします(色は選べません

申込みは、5月3日(水)まで。
キャンセルにつきましては、部屋代のみご負担願う場合がございますので、ご了承ください。
よろしくお願いします 

スタンプリップルさんの、スタンプ勉強会に行ってきました。
こどものかお「スタンプマイスター」の資格を持っている人たちの勉強会なので、一般の方はいらっしゃいませんでした。

今回は、実技を伴う勉強会で、「エンボスパウダー」
「かぎしっぽ倶楽部」でスタンプ講習会をしたいと思っていて、この間のメモラビリアート大阪教室で行ったスタンプ講習会を「基礎」として、応用はエンボスパウダーにしようと思っていたので、まさにドンピシャ
新たな発見もあり、自分でも実験したいネタが増えました。

まだ、メモラビリアート大阪教室の部屋代など詳細が決まらないので、開催しますとも、しませんとも言えませんが、早く発表出来るといいなと思います。

写真を載せていいのか、悪いのか・・・
ご了承を得ていないので、確認後、大丈夫なら載せますね。
内容は・・・講習ができそうなら、その時にやってみようと思うので、今は内緒
お楽しみに



 
人気ブログランキング

ちょっと変色してしまったエンボスパウダーを、どうしようかと思っていたのですが、
ちょっと実験?試作?してみたいことがあったので、使ってみました。
惜しみなく使えます(笑)

エンボス試作
スタンプを押して、エンボスパウダーでぷっくりさせています。
ちょっと光ってて見づらいかもですが、エンボスの色がまだらなの分かりますか?
濃いところと、薄いところがあるのです。

スタンプを押してから、クリアーエンボスだと、単色でムラがでにくくなってしまう。
色付きのエンボスパウダーを使えばいいけど、好みの色がなく、透明感がなくなってしまう。
と言うわけで、これ!
エンボス試作_使用品
クリアーのエンボスパウダーに、アルコールインクで着色しました。
透明感があり、しかも味なムラが出来て、面白かったです。
少し黄色かかったクリアエンボスパウダーの色も気になりません。
メメントのインカーでも、着色は出来ましたが、アルコールの方が乾くのが早いかなぁと思い使用。
私自身、初めてのことなんで、何が適しているか、まだ、微妙に分かりません。 
熱を加えるから、本当は顔料インクの方がいいのかなとも思います。

ジェラートを散らしてみたりもしましたが、熱で泡立ってきて 
クレヨンなら、どうなのかなぁ・・・。

海外からは、アルコールインクの輸入が難しい為、写真の商品は手に入りにくいかもしれませんが、
コピック(アルコールマーカー)の補充用インク、バリオスインクで代用可能と思われます。
レンジャーの方が、少し液が重い?粘りがある気がします。


 


 
人気ブログランキングへ

私は、こどものかおのスタンプマイスターです。
スタンプアドバイザーになって、間もなく、東京で教えていらっしゃる山岡清美先生が大阪に来て教えていただけるとのことで、参加したATCカードを作成する講習で作ったものです。
デザインも、山岡先生です。
もう3年くらい前のものかなぁ 

スクラップブッキングは、サクラクレパスのメモラビリアートインストラクター資格を取得しておりましたのでDTPやエンボスなどは御手の物。
でも、ATCの小さな面積の中に、バランスよく配置して、いろんな小技を使って作る作品は新鮮で楽しかったのを覚えています。

ATC_0000
スタンプは、こどものかおのものを使用。
バックグラウンドの英字、Merry Christmasの文字、鳥の3種を使用。

エンボス加工すれば、色塗りを水性のものを使用しても大丈夫。
エンボス加工をせずに、色塗りする場合、コピックなどのアルコールマーカーを使用するなら、スタンプインクは水性のものを使用。
水性マーカーや、水彩色鉛筆を水筆で塗るなどする場合は、スタンプインクは油性を使用して塗ります。

細かい柄は、水性なら、ツキネコのメメントがきれいに押せます。
油性なら、バーサファインが向いています。
普通の紙に押す場合、ですけどね。
スクラップブッキングでは、色目が優しいバーサマジックを使用することが多いのです。
ATCだと、写真がないので、色目を気にせず、スタンプの柄に合わせてインクを選べます。
名刺代わりに・・・ってほど、たくさん作ったこともありませんが、ハガキより小さい世界を飾るのも楽しいですよね。 


 
人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ