しあわせ猫のかぎしっぽ

スクラップブッキングやスタンプ、プラバン、レジンなどクラフト三昧の日々を綴ります

カテゴリ: 画材

画材について、自分で勉強した知識の備忘録的に載せたいと思います。
専門家ではないので、「それ、間違ってるよ!」と気づいた方は教えてください(笑)

第5回は
メディウム類ついて ジェッソ編
です。 

ジェッソって何?
チタニウムホワイトと炭酸カルシウム等の顔料を混ぜた液体(アクリルエマルジョンに混合した液体)
地塗剤(下地剤)として、発色をよくしたりするのに使います。
隠ぺい力が高いので、白色の絵具代わりにもできます。
スクラップブッキングでは、紙がよれるのをなるべく少なくするために薄めず使うことが多いですが、本来は20%程度(商品のよって変わります)の水で薄めて、薄く何度も塗る方向を変えて重ね塗りします。
紙に使うときは、紙の補強として、先にグロスメディウムを倍ほどに薄めて、先に塗ったものにジェッソを塗ると言う方法もありますが、水張りしないと紙がぶよぶよになるので、スクラップブッキングには向いてませんね


色々な種類のジェッソ
メーカーにより、販売されているジェッソの種類や、特徴がちがいます。
書ききれないので、ざっくり紹介しますね。
※写真は、Amazonのページに飛びます。商品説明のページではないです。すみません
ホルベイン社
ホワイトジェッソ・・・粒子の大きさの異なる4種類(S・M・L・LL)があるようです。
メーカーの説明ですと、Sは卵の表面、Mはアクリル絵具の艶消しのようなもので、Lは細かい砂目、LLはざらついた砂目だそうです。
ホルベイン ジェッソ S 微粒子 AM401 330ml
アブソルバン・・・吸水性下地剤
リキテックス社の胡粉ジェッソに近い感じだと思われますが、使ったことがないので分からないです
ホルベイン ジェッソ 吸収性下地材 アブソルバン H703 500ml
パステルジェッソ・・・パステル専用の下地剤で、白色のものはありません。
ホルベイン パステルジェッソ 330ml グリニッシュ

リキテックス社
胡粉ジェッソ・・・貝殻の粉の入ったジェッソ
ジェッソは乾くと耐水性になるため、水彩絵具のにじみなど、表現が難しかったのですが、胡粉ジェッソですと、柔らかな表面に自然なにじみが表現できるようです。
吸水性の下地剤なんだと思います。
リキテックス アクリル絵具 リキテックス 胡粉ジェッソ 硬練り 300ml
クリアジェッソ・・・半透明のざらざらした粗目の地塗り剤。
パステルやコンテ、色鉛筆などの下地に向くようです。
リキテックス アクリル絵具 リキテックス クリアジェッソ 300ml
スーパーヘビージェッソ・・・通常のジェッソより粘度が高い、盛り上げ用下地剤。
モデリングペーストほどは、盛れないようですが、ステンシルシート等を使ってのテクスチャー作成くらいなら、これでも大丈夫だと思います。
Liquitex リキテックス スーパーヘビージェッソ 50ml

他に、ジェッソに色の付いた ブラックジェッソカラージェッソがあります。
メーカーも、クサカベゴールデンなどの画材メーカーから、プリマなどスクラップブッキング用品店で買えるものまで、さまざまです。
粘度(硬さ)の違い、色などの違いもありますので、ご自分の好みのものを見つけてくださいね。 



へ~と思ったら、ポチッとな
 
人気ブログランキング

画材について、自分で勉強した知識の備忘録的に載せたいと思います。
専門家ではないので、「それ、間違ってるよ!」と気づいた方は教えてください(笑)

第4回は
顔料と染料について
です。 
スタンプインクや、プリンターのインク、マーカー、絵具などなど、「書ける」(もしくは描ける)ものは、顔料と染料に分かれます。
顔料や染料も、細かく分類されるのですが、専門知識になるので、ここではざっくりと・・・

顔料(ピグメント/pigment) 着色に用いる粉末で粒子が大きいので、水や油に溶け切らないものをいいます。
用紙の表面にとどまらせる方法で着色しています。
耐光性があり、滲みにくい性質を持ちます。
色を出すのに、煤や、鉱物を使ったりします。

染料(ダイ/Dye) 着色に用いる粒子が小さく、水や油に溶けるものをいいます。
用紙の中に浸透し発色します。
耐光性に劣りますが、透明感があり発色がきれいです。
動物や植物などの天然色素を使うことが多いです。


染料と顔料

これは、水性と油性には関係ありません。
顔料や染料を混ぜ込むもの(媒体)が、油(アルコールや溶剤系)なら油性になり、水なら水性になります。
なので、水性顔料もあれば油性顔料もあり、水性染料もあれば油性染料もあります。

余談ですが、ゴムは油に弱いです。
放置してると長期間の使用で溶けてくるので、油性のスタンプインクを使用したあとは、スタンプをきれいにして収納してくださいね。



へ~っと思ったらポチッとよろしくお願いします

人気ブログランキング

この間のメモラビリアート大阪教室のお祭りの際、バーゲン商品の中にあったvintaj patinaと言う画材(?)についてです。
使い方が分からないとかで、残っていたのだと思います。
色は違うかもしれませんが、この商品です↓


ぺたんこのメタルチャームを、メタルチャーム用のエンボスフォルダーに挟んでエンボス加工をした後、Patinaを垂らしたり、筆で塗ったりします。
乾かした後、サンドペーパーなどでやすります。
それをアクセサリーにするというのが、概ね紹介されてる使い方です。
Vintaj
私が、ある講習に参加して作ったものの一部分の写真です。
他にも、「vintaj patina」で画像検索していただくと、ステキ作品が見つけられます。

じゃあ、スクラップ作品にどう使うか・・・。
私の考えているのは、アルミテープをバジルに貼り、ドライエンボスして、そこにpatinaを垂らすと、同じような感じになるのではと思っています。
アルミテープが薄いから、削れちゃうかもですけど・・・。
こちらは、実験待ち(笑)
とにかく、1日お休みが欲しい!
その後を、また報告します。




 

人気ブログランキング

昨日の記事で比較した写真が、以下のものです。
マーカー比較
左がpebeoのマーカー   右がペイントマーカー



で、今回のものが、これです。
マーカー比較_グロスメディウム
左がpebeoのマーカー   右がペイントマーカー
貼り位置も変更なしです。
右のペイントマーカーに、グロスメディウムを塗りました。
問題なく、使えて、かつ、pebeoのマーカーと同じように艶が出たのが分かるでしょうか?
エンベリを作るまでの時間はなかったので、これしかお伝えすることが、ないのですが(;^_^A
金の色が多少違いますが、艶的には、よく似た感じになってます。
マットなマーカーでも1本持ってれば、マットとグロスのどちらにでも出来て便利かもね。



 

人気ブログランキング

pebeo(ペベオ)の「4ARTIST MARKER」の金色を買ってたんですが、
サクラクレパスの「ペイントマーカー」も購入して比較してみました。
金古美色の金属チャームに着色しています。
マーカー比較
左がpebeoのマーカー   右がペイントマーカー
光の加減もあるかもですが、pebeoのマーカーには、艶があります。
サクラクレパスのペイントマーカーは、鈍く光る感じ。
どちらも、雰囲気に合わせて使えそうです。
ペイントマーカーに艶が欲しい時に、メディウムは使えるのかな?
写真のものを使って、メディウムを塗ったものを、また、アップしますね。

透明のプラスチック板に塗ると、どちらも、鈍い発色になりました。
金属の方がきれいに発色するみたい。
アルミテープなどでエンベリを作る時に、大きいものだとムラも出来そうですが、小さいものなら上手くできそう。
文字だと上手く伝わらないかな。

来週くらいから、ちょっと時間が取れるのでいくつか実験してみようかと思っています。
そうそう、vintaj patinaもメタルチャームに適しています。
合わせて、実験してみますね。 


 

人気ブログランキング

↑このページのトップヘ