今日は、久々、パソコンがウィルスに侵されたと言う話を聞きました。
感染経路は、メールの添付ファイルを開いてしまったのかも・・・ということでした。

近頃は、セキュリティソフトにはじかれないようにメールタイトル等に「請求書」だの「納品書」だの「見積書」だのの文字を入れて、スパム扱いされないようにして、添付ファイルのついたメールを送りつけてきてますね。
また、メールを送ってきた人は感染していないことも多く、感染者のアドレス帳から、ランダムに人を選んで、その人の名前でウィルスを添付してくる手口もあります。

セキュリティソフトに消されないように、「ウィルスを生成するソフト」を添付してきたり、ネットサーフィン中に踏んだりすることもあります。
「ウィルスを生成するソフト」は、それ自体ウィルスではないのでセキュリティソフトは削除してくれず、パソコンを立ち上げるたびにウィルスに感染すると言う、大変な目にあったこともあります(笑)

添付ファイルの拡張子 が「.exe」のファイルは、絶対に開かないようにしてくださいね。
「.exe」ファイルは、「実行」ファイルで、ソフトのインストールなどのファイルになります。
※拡張子は、ファイル名の末尾についてる3文字程度の英数字で、何のファイルかが分かるようになっています。

拡張子
写真  「.jpg」
イラスト 「.jpg」「.png」「.gif」「.bmp」
音楽 「.mp3」「.mp4」 
Excel  「.xls」「.xlsx」
Word 「 .doc」「.docx」
圧縮ファイル 「.lzh」「.zip」 

拡張子

など、色々あります。
パソコンの設定によっては、見えなくしてあるかもしれませんので、見えるようにしておく方がいいかもしれませんね。
「PC設定のカルマ」で、設定の仕方が紹介されてます。
写真もあってわかりやすいので、見えない人は設定に挑戦してみてください。
分からないときは、メッセージくださいね。