レイトショーで映画を見てきた本日は、作品も作っていないので、豆知識を・・・。

スクラップブッキングをメインでしているので、アナログ好きかと思われがちですが、パソコンも好きです。
パソコンも日進月歩でWeb構築の勉強をしたけれども、プログラムは古くなるわ、忘れるわ・・・。
あまり詳しいとは言えなくなってしまいました(笑)
でも検索は得意なので、日々ぽちぽち自分の好奇心を満たしております。

モノ作りをしていると避けられないのが、レジュメ作りです。
スクラップブッキング仲間でも、レジュメが苦手と言う人がたくさんいます。
なので、パソコンの基礎の基礎から、ブログネタのないとき(ゲフンゲフン)不定期にですが、 書いてみようと思います。
パソコン詳しい人から見たら、おかしいと思われる点もあるかも('д` ;)

第1回 パソコンとは? 
(Windowsしか使ってないけど、基本は一緒だから)(´∀`)
パソコンって、「マザーボード」って言う基板と「CPU」って言う中央演算処理装置と、「メモリ」と「HDD(ハードディスク)」で「OS」で成り立っています。


「マザーボード」を机と考えてもらって、

「メモリ」は机の天板の広さです。
左端で手紙を書いて、真ん中で読みかけの本を広げて、右側で絵を描いて・・・
まだまだ、天板が広ければ、ジグソーパズルができるかもしれないし、塗り絵もできるかもしれない。
でも、天板が狭いと、アルバムを開いたら、もう何もできないかもしれませんよね。

「HDD」は、引き出しです。
電源を落とすと、机の天板は、きれいに掃除されてしまいます。
その時に、机に広げたものをしまう場所がいります。
引き出しが大きければ、すべてしまっておけますが、小さい引き出しだと、今回広げた辞書やアルバムなどのいろいろなデータをしまっておけません。

「CPU」は、机の前に座って考える人の頭脳と思ってください。
頭の回転が早い人なら、計算などの処理が早くできるだろうし、遅い人なら、それだけ考える時間も長くなります。

「OS」は、机を簡単快適に使う補助と思ってください。
引き出しに何が入ってるかを表示している(アイコン)ものって感じかな・・・。

20年ほど前に、初めてパソコンを教えてくださった人が、上記の様に教えてくれました。
パソコンを買うときに、より快適なものをとメモリと、HDDが大きいものでCPUの回転数が速いもの、それを予算と照らし合わせて購入し組み立てていました。
「OS」は、Windowsだと、今ならWindows7か8か10あたりですよね。

これ以上話すと、マニアックになるので、ここまでで(笑)
簡単にかみ砕いて話しているつもりですが、わからなかったら言ってくださいね。