メモラビリアートのスキルアップ講習会1は、クリア素材を使ってエンベリを作るでした。
エンベリとは、エンベリッシュメント/embellishmentで作品に付けられる飾りのことです。

昨日の記事では、写真がなかったのですが、撮影しましたので続き(笑)

オレフィンシートに、モトポッジを垂らして、ラメを振ったり、インクを混ぜたり垂らしたりしました。
オレフィン
青の〇はインクを混ぜ過ぎず、マーブル的に混ぜたのですが、モトポッジが透明なので結局は単色みたいになりました。
モトポッジのスパークルを垂らしただけのものは、キレイにキラキラしています。
上の黄色の〇の右側は、黄色のインクを垂らしたもので、左は黄色のラメを振りかけました。
黄色のインクの方は、透明感があってきれいです。
インクは、水性の染料インクを使用しましたが、水彩絵具でもキレイに発色すると思います。
左下の下地に水色の色が付いているところは、ステイズオンミディで着色し、ポチポチは、スタジオグレイズの赤と白で書きました。
スタジオグレイズの白は、白っぽいところもあるけど、半透明って感じです。艶はあります。

次に同じような感じで、PETシートにしてみました。
PETシート
モトポッジのスパークルが、こんもりと盛れててキレイです。
青の〇は、オレフィンとさほど変わりもありません。
左上のステイズオンミディの着色が、ツルツルした感じでインクが伸び、塗りやすかったです。
スタジオグレイズも、オレフィンと変わりはないようです。

オレフィンでも、PETシートでも、同じような感じだったので、着色等をした後の加工を考えて、どっちを使用するか考えればいいと思います。
ただ、スタンプを押すのは、オレフィンの方が押しやすいみたい。

最後に、オレフィンでモトポッジの比較をしました。
写真が、すごく見づらくてすみません
  • スパークル(真ん中)・・・キレイに見えます。
  • マット(左)・・・何かをこぼした?汚れた?って感じであんまり好きじゃないです。
  • グロス(右)・・・写真では見づらいですが、艶があってとてもキレイでした。
透明素材には、艶のあるグロスが合うと思います。
ヘビィジェルメディウムや、テクスチャーペーストのトランスパレンテを使用して、透明ながらも地模様があるというのも、面白いような気がします。
モトポッジ比較

スキルアップ講習会1では、小技や新しい知識を教えてもらえて、自分の知っているものと組み合わせるとどうなるのかなぁとか、こんなことができるかも!って言う発見があったりする、とても楽しい講習です。
同じクリア素材の講習でも、1回では終わらない奥深さもあります。
ぜひ、受講してみてくださいね。
たぶん、私も参加しています




人気ブログランキング