メモラビリアートのスキルアップ講習会で、画材を色々使わせてもらって、昨日に試してみたいと思っていたことをしてきました。
黄変したクリアエンボスパウダーに、クレヨンを混ぜる?散らす?とどうなるか?です。
使ったのは、Tim Holtzのディストレスクレヨン。
Amazonでも売ってるけど、高いね(;^_^A
まだ、メモラビリアート大阪教室で販売していましたよ。 

抵抗が少なくて、スルスルというか、ヌルヌル描けます。
なくなるまで、ず~っと描いていたい(笑)

ただ、思ってることをするには柔らかすぎてクレヨン自体を細かく出来ず、塊になって、ジェラートと同じく泡立つ感になり失敗。

次に使ったのは、ファーバーカステルのクレヨン。

適度に硬く、カッターで細かく削ることが出来ました。
熱にも溶けて、なんだかいい感じに・・・。
写真の右側が、クレヨンを使ったものです。
エンボス実験
左側は、水性色鉛筆(水彩色鉛筆)を削って、スタンプ後、エンボスパウダーを掛ける前にのせています。
なので、すでに色鉛筆の芯を削ったものが、のっている部分にはエンボスパウダーがのらず、
ちょっとざらついた感じになっています。
こちらも、そんなに大量には色をのせれませんが、面白いと思います。
クレヨンの方は、一緒に溶けて、艶も出てるので、これはこれで(・∀・)イイ!!
色味が入ると黄変もそれほど、気にならなかったです。

FABER-CASTELL_クレヨン
使い心地が固くて好きじゃなかったけど、ちょっと欲しくなってしまいました。
もう、これ以上、画材増やしたら行けないんだけどねぇ・・・。
断捨離・・・とても縁遠い言葉です(笑)





人気ブログランキングへ