第3回で記載のアクリル絵の具の黒についての補足です。
アイボリーブラック、ランプブラック、ジェットブラック、マースブラックについて書きましたが、
メーカーにより
オニキスブラック
カーボンブラック
オペイクブラック
ボーンブラック
があるようです。

名前から想像すると、カーボンは炭素で、オペイクはオペイクの意味から不透明で光沢がない?ボーンは、骨炭という動物の骨から作った炭を使っているのかな?
ただ、目の前の箱(PC)で調べても成分や色味が出てこなかったので、正確な情報がありません。
知っている方、いらっしゃいましたら教えてください

リキテックスでは、漆黒はマースブラックだそうです。
フタロシアニンブルーを混ぜると、より深みのある黒になるそうです。

ターレンスでは、漆黒はジェットブラックみたいです。

ほんとに、黒って奥深い・・・。
ちなみに、水彩絵具では、黒は使わず、混色で作るようですね。
塗り絵も流行ってるし、水彩絵具で挑戦してみては?


へ~っと思ったらポチッとよろしくお願いします

人気ブログランキングへ