第6回 ショーカットキーついて
ショートカットキーって聞いたこと、ありますか?
これを知っていて、使い慣れると格段に入力速度が上がります。
うっ・・・少しもりました(笑)

パソコンの入力は、マウスを握る回数が少ないほど、早く入力できます。
よく使う「コピー」「貼り付け」「切り取り」 など、マウスの右クリックでできることがキーボードでできます。
Wordでも、Excelでも、ホームページを閲覧時にも共通して使える最低限のショートカットをご紹介。
  • コピー  マウスでドラッグ&ドロップ(※)して右クリックでできます。
    マウスを使わなくても、キーボードの矢印でコピーしたい文章端へマウスポインタを持って行き「Shift」キーを押しながら矢印をコピーしたい最後の位置に移動すれば選択できます。
    ショートカットは「ctrl」キーと「C」
    (※ マウスのボタンを押して、そのままマウスを移動(ドラッグ)し、別の場所でマウスを離す(ドロップ)こと)

  •  貼り付け  コピーしたものを貼り付ける
    ショートカットは「Ctrl」と「V」

  • 切り取り  コピーではなく、その場所から切り取る
    ショートカットは「Ctrl」と「X」

  • ひとつ前に戻す 使える時と使えない時がありますが・・・。
    WordやExcelでうっかり消してしまったけど、何が入力されていたかわからない時などに便利です。
    ショートカットは「Ctrl」と「Z」

  • 全部を選択 Wordとかで、上から下までとか、ドラッグするのが大変な時に、一気に全部を選択できます。
    ショートカットは「Ctrl」と「A」
Macはわからないのですが、Windowsでは、この5つだけでも知っていると大変便利です。
他にもありますし、WindowsのOSバージョンや、WordやExcelなどのアプリに特化したショートカットもあります。 
最初は、慣れない分、時間がかかるかもしれませんが、慣れると楽ですよ。
ホームページで右クリックができない場合も、この方法なら、コピーできることもあります。
 1f6279529c9f7dc6f07d221a39eb8375_s