しあわせ猫のかぎしっぽ

スクラップブッキングやスタンプ、プラバン、レジンなどクラフト三昧の日々を綴ります

今日は、遠方からSさんが、自宅講習に来てくださいました。
Sさん初のメディウム講習受講です

午前中は、染料と顔料の話や、アクリル絵具の表示の見方や、用語の説明など講義で終了。
お昼ご飯を挟んで、午後からサンプル片を作っていただきました。
サンプルだけでは・・・ってことで、砂浜と海の作り方の説明をしましたよ
作品作りではないので、ざっくり、こんな感じでって作って終了です。
やることは、山ほどあるからね
メディウム講習
1日で全部は試せないので、説明しつつ興味のあるものを塗っていただきました。
これは、こういう使い方も出来るよとか会話しながら、ひたすら手を動かします。
メモらないと、塗らないと、紙に名前も書かないと・・・でいっぱいいっぱい。
ハードな講習は終了しました。
熱心に聞いていただきましたが、実際のところ、結構パニック状態だったのではと思います。
分からないことや、忘れてしまったことがありましたら、いつでも連絡ください。
長時間ありがとうございます。
とても楽しい1日でした





人気ブログランキング

文字ばっかりで、すみません。
注意喚起ですので、お時間あったら、読んでくださいな

ダイと言うのは、ペーパーをカットする型です。
直接触っても手が切れたりはしませんが、専用の機械に通すと圧がかかって、紙が切れると言うものです。
薄いものは、カバーがあるわけでなく、スチール1枚で成り立っているのですが、使う頻度が多いと、徐々に切れ味も落ちてきます。
包丁のように研ぐことは出来ないので、コピー用紙を1枚敷いて、圧がかかるようにしたりと工夫して使います。
が、薄いダイの細かい部分は、圧のかけすぎによって、刃に当たる部分の角度が変わって、切れなくなってしまったりします

今回は、細かいカットのダイでもきれいに抜けるようにと購入したスチールプレートでカットしてみました。
きれいに抜けて、喜んでいたのですが・・・。
20枚ほど、抜いたか、抜いていないかの状態で、まず、右手親指が切れました
ダイをこすったわけでもなく、紙を外すためにつかんだだけなのにです
ダイを見てみると、刃に当たる部分はもちろん、ふちの部分も鋭くなり、ワイヤーのような細いものが、ピンピンと、あちこちに出ていました
そのワイヤーのような部分が、ちぎれて落ちたりするのですが、これが結構強い。
左手指の3か所に、刺さって折れました。
どうにも、こうにも、触れなくなってきたので、その場で、ダイは廃棄
右手で、髪の毛よりも細いワイヤーを抜きましたが、右手親指のところに入ってるのか、入ってないのか、血が出てきて、触ってもチクッとしないし、分からない状態でした。

そのままの状態で1日過ごしましたが、赤黒く腫れているので、老眼だし、病院で抜いてもらおうと思って行ってきました
細い、3mm程度のワイヤーが斜めに刺さってましたよ。

スチールプレートで、連続で沢山抜くのは、危険かもしれません。
圧のかかり方にもよると思いますが、使い方を間違ったわけではありません。
大事なダイは、この使い方をしないよう注意したいと思います。
直接は切れないはずのダイで、怪我をすることもあるので、みなさん、ご注意くださいね




人気ブログランキング

しまこさん主催の6インチ交換会ですが、今回もエントリーしました。
5月いっぱいは、時間が取れないので、諦めようとしていたのですが、なんとか隙間時間で作れそうな気もするので、エントリーしました。
( ̄~ ̄;) ウーン 無謀かもしれません(笑)

でも、色んな人の作品が来るのが嬉しくて、わくわくした気持ちが忘れられませんでした。
イベントが終わったら、通勤の仕事と講習が2件。
在宅の仕事に、家業の仕事もあったりして、時間がないけど、頑張ります
まだ、募集しているようなので、一緒に参加しませんか~

今回は、お絵かきしてる時間もないので、真っ当な作品を提出予定です
たぶん・・・(笑)



人気ブログランキング

↑このページのトップヘ